コンタクトレンズのデメリット

パソコンでの作業や携帯電話でのメール、テレビやゲームなど、画面をずっと凝視していることが多い最近の生活。酷使しているので、目が疲れるのも当然です。さらに、画面を凝視していると、まばたきの回数が減ってしまうことも、目を疲れさせる大きな原因になっています。目の表面に潤いを与え守っているのは涙ですが、まばたきが少ないと涙の分泌が少なくなるばかりか、日を閉じないために、涙が蒸発して目の表面が乾燥してしまうのです。乾燥は、疲れ目やドライアイなどの目のトラブルを招きます。ストレスや、女性ホルモンの影響などで自律神経のバランスがくずれることも、日の疲労や乾燥につながります。交感神経ばかりが働く状態では、日の筋肉が緊張したままになり、涙の分泌もおさえられてしまうからです。度のあわないメガネやコンタクトレンズは目を疲れさせるもと。

 

きちんと検眼をして自分にあったものを使いましよヽつ。また、コンタクトレンズを使用していると、まばたきをしても日の表面に涙がうまくいきわたりません。長時間コンタクトレンズをつけたままだと、日の乾燥を招きます。目が疲れたなと感じたら、しばらく手のひらをあてて目をあたためましょう。日のまわりの血行がよくなり、日の筋肉の緊張がほぐれます。冷やしたほうがすっきりとして気持ちよく感じるなら冷やしてもよいでしょう。目が充血しているときなどは、冷やしたほうがよいようです。パソコンなどの作業中には意識してまばたきを多くし、日の表面が乾いてしまわないようにすることが大切です。エアコンの使用などで、室内の空気が乾燥している場合、より注意して。携帯用の加湿器を使ったり、おしぼりを机に置くなど、湿度を保つ工夫も必要です。